【2016年の実話】行方不明になった7歳の男の子は生きていた!7日間も一人で生き抜いた力

スポンサーリンク
トピックス
スポンサーリンク

誰もがあきらめかけた7日目の朝

2016年の6月3日、日本中を歓喜させたニュースがありました。

5月28日、北海道七飯町の山中で行方不明になったY君。

当時7歳で小学2年生です。

 

行方不明の一報があってから、警察や地元の消防団の皆さんが懸命に捜索。

警察犬などを使っても全く手がかりがつかめず、

「あの山には熊もいるし、もう助からないのでは…」との見方が一般的でした。

絶望感が漂う中、7日目の朝のこと。

 

「Y君が見つかりました!!」

というニュースが流れ、

列島に歓喜と安堵の渦が巻き起こります。

 

行方不明になった場所から約4キロ離れた隊員用宿舎で発見

Y君が発見されたのは、北海道鹿部町本別の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内。行方不明になった場所から約4キロ離れた隊員用宿舎にいたところを、自衛隊員が発見しました。

自分から「Yです」と名乗り、怪我もなく無事に保護されたのです。

 

Y君によると、外の水道から出る水を飲み、宿舎内のマットに潜り込んで寝ていたということです。

一人さまよったY君が偶然この宿舎にたどり着き、鍵が開いていたこと。

飲むことが出来る水が出たこと。

Y君が必要以上に動き回らず、ここでジッとしていたことなど、

様々な要因が重なり、奇跡は起きました。

 

ご両親も心底安心されたことでしょう。

 

Y君、良かったね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。