【乳がん】年間推定60000人、女性の14人に1人が罹患している乳がん。早期発見しましょう。

健康

 

現在、日本女性の罹患率で一番多いのが乳がんです。

年間で6万人以上、14人に1人が罹患していることになります。

しかし、早期に発見できれば技術の進歩で治療できる病気。

乳がんの5年生存率は、早期のI期で見つかった人はほぼ100%といわれています。

婦人科のがん検診は40才以上に推奨されていますが、20代でもかかることがあります。

年齢に関係なく、自己検診を習慣にしましょう。

 

スポンサーリンク

乳がんのセルフチェック法「梅干しの種」探し

 

乳がんは女性なら誰でもなり得る病気です。

他のがんと違うのは「自分で見つけられる」がんであること。

早期に発見できれば完治できる癌でもあります。

このページを見た人は、今すぐ家族にチェックを勧めましょう。

 

まずは仰向けに寝てください

①腕を上げて、乳房の内側半分を指の腹で軽く圧迫してみましょう。

②次に腕を下げて、乳房の外側半分を指の腹で軽く圧迫してください。

③今度は脇の下に手を入れ、しこりがないか指の腹で調べます。

 

もし乳がんがあった場合「梅干しの種」が体の中に入っているような感触があります。

 

次はお風呂に入って調べましょう

体を洗う前に、手に石けんをつけて滑りやすくします。

①まず左腕を挙げて、右手で左乳房の表面に渦巻きを描くようにして、しこりやこぶなどがないか確認してください。左が終わったら右も同じように調べます。

②次に指先をそろえて脇の下に差し入れ、リンパ節が腫れていないかどうか調べてください。両方行なってください。

外側の上の方は特に乳がんができやすい場所です。念入りに調べてください。

毎月1回は必ずチェック!

セルフチェックは毎月、日にちを決めて必ず行ないましょう。

普段、自分の乳房を触って状態を確認していると、何か変化があった時に気付きやすくなります。「あっ、なんか違う」と思えるのです。

年齢に関係ありません。若くても発症します。

閉経前の方は月経終了後1週間~10日の間に行なうといいでしょう。乳房がやわらかくなっています。

閉経後の方は月初め、月末など一定の日にちを決めて、毎月1回行ってください。

 

乳頭をつまみ、分泌液が出ないか確認するといいでしょう。血のようなものが出たら、すぐ病院に行ってください。

過去に乳がんが見つかった人の、約60%は自分で見つけているというデータがあります。

「年に1回検診を受けているから大丈夫」と思わず、毎月調べましょう。

 

病院の検査に行けない、行きにくい人は自宅で血液検査してみませんか?

様々な事情があり、時間を取るのが難しい人は多いですよね。

女性は仕事の後も、家で掃除や洗濯、炊事にお風呂の準備などやることが多すぎます。

そんなあなたには「自宅でできるがん検診」がおすすめです。

それがこちら ↓

女性向けがん検査なら【銀座血液検査ラボ】

たった1滴の血液を自宅で採るだけ。

11種類以上のがんとその他の病気のリスクを腫瘍マーカーで検査してくれます。

早期発見、早期治療が基本。

自分だけでなく、家族のためにもお試しください。

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク
健康
スポンサーリンク