天鼎(てんてい)穴の位置・治療効果【手の陽明大腸経】

ツボ(経穴)辞典

LI17.天鼎(てんてい)穴の位置

天鼎(てんてい)は扶突穴の後下方1寸、のどぼとけ(喉頭隆起)の直下にある軟骨(輪状軟骨)と同じ高さで、胸鎖乳突筋後縁に取ります。

 

扶突(ふとつ)穴は、喉頭隆起の外方3寸で下顎角の下方1寸です。

LI17.天鼎(てんてい)の治療効果

天鼎(てんてい)は喉の疾患に用いられます。

声がかれた時やのどの痛み、扁桃炎などにとても効果があります。

「手の陽明大腸経」の流注

示指末端(商陽穴)に起こり、示指の橈側白肉際(肌目の際)を循り、第1中手骨と第2中手骨の間(合谷穴)に出て、前腕後外側を上り、肘窩横紋(肘の皺)の外端(曲池穴)に入る。

上腕の外側を上行して、肩峰突起(肩の端にある盛り上がったところ)の外端の肩髃穴に至り、巨骨穴を過ぎ、大椎穴(督脈)に至って諸経と会する。

大椎穴より下って鎖骨上窩(缺盆穴:足の陽明胃経)を経て肺を絡い、下って膈を貫き大腸に属する。

その支なるものは鎖骨上窩(缺盆穴)より別れて頸部(首)に上り、頬を貫いて下歯中に入り、還り出て左右に別れて口を挟み、鼻下の人中に交わり、左は右に、右は左に行き、すなわち左右交叉して、鼻孔を挟んで鼻翼両側(迎香穴)に終わる。

ついで足の陽明胃経に連なる。