尺沢(しゃくたく)穴の位置・治療効果【手の太陰肺経】

ツボ(経穴)辞典

LU5.尺沢(しゃくたく)穴の位置

尺沢は肘窩横紋という肘を曲げたときにできる横シワの上にあります。

肘を曲げたときにできる横シワの中央を触ると硬いスジに触れることができます。このスジが上腕二頭筋腱ですが、その外側(橈側)のくぼみに取ります。

LU5.尺沢(しゃくたく)穴の治療効果

尺沢は手の太陰肺経の「合水穴」という重要穴。

鍼灸治療では肘の痛みを施術するためによく用います。

スポーツ障害の野球肘やテニス肘、頚の痛みや肩こり、上腕の痛みや痺れにも効果があります。

尺沢は肺経に属しているため、呼吸器疾患の施術に用います。

せき止めのツボとして、軽く咳き込んだときなどに使うと良いでしょう。

また、精神疾患や口の渇き、遺尿症など様々な症状に用いられるツボです。

流注 手の太陰肺経

中集(中院)に起こり、下って水分穴で大腸を絡い、還って胃口を循り、膈を上って肺に属する。
ついで気管、咽頭を循り、横に腋下に出て上腕内側を循り、少陰・心主の前を行き肘窩(尺沢穴)に下る。
前腕の前面橈側を循って橈骨動脈拍動部に入り、母指球より母指末端に終わる。
その支なるものは、手関節の上(列缺穴)より示指の末端に入りの手の陽明大腸経に連なる。