【七草粥】1月7日、春に萌え出た7種類の野菜を食べて健康を祝う日

毎年1月7日は七草粥を食べる日。

7種類の野菜を食べて健康を祝う日とされています。

年末年始に暴飲暴食した胃腸を整えるのにちょうど良いですね。

スズナ(菘)……蕪(かぶ)です。ビタミンが豊富。

スズシロ(蘿蔔)……大根(だいこん)のことです。

セリ(芹)……香り成分に体温を上げて発汗作用を促す効果があります。秋田県の「きりたんぽ鍋」にも入っていますね。

ナズナ(薺)……ペンペン草です。子供の頃遊んだやつ。下痢や便秘、高血圧などにも効きます。

ゴギョウ(御形)……母子草(ははこぐさ)とも言います。咳止め、解熱に効果があります。

ハコベラ(繁縷)……ハコベとも言います。昔は腹痛の薬でもありました。

ホトケノザ(仏の座)……「元宝草」とも書きます。正式には「コオニタビラコ」といいキク科の多年草です。道端に生えているホトケノザは食べられないので注意しましょう。

お店に売っている「七草がゆセット」で作るのが一番です。

しかし売っていない時は無理をする必要はありません。

他の野菜で十分。

ダイコンやカブは用意できそうですよね。

ナズナやゴギョウ、ハコベラは無くても、ネギや白菜、ミツバなどで代用しましょう。

シソが入ると香りも良いでしょう。

おかゆを食べて消化器を休めてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク